Labret(ラブレット)
コンテンツ
  • ホーム
  • 子犬の成長記録[赤ちゃんから90日間]
子犬の成長記録

子犬の成長記録
ミニチュアダックス赤ちゃんから90日間

生まれたばかりの犬の赤ちゃんをご存知ですか?日頃よく立ち寄るペットショップの子犬たちよりさらに小さく、ブリーダーでも獣医師でもない私達にはそれがどんな犬の赤ちゃんなのか見当もつかない、ハムスターほどの大きさの生き物。ミニチュアダックス「ななちゃん」の誕生から90日まで、どんどん変わってゆくその成長ぶりを5日間隔でリポート、成長する様子を紹介します。初めてペットを迎える方のなかには「この時期はどのように接してあげればいいんだろう」等の不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。このページが育て方の参考になれば幸いです。

■取材にあたり、横浜市保土ヶ谷区 田中動物病院田中真治先生よりいただいたコメントを添えさせていただきました。

誕生:214gの大きな赤ちゃん

誕生 出産後のももちゃん 父犬のムサシ君

●2004年11月21日午後7時15分 「ななちゃん」が誕生しました。母犬ゆずりの美人な女の子。おなかの中で大きく育った「ななちゃん」は帝王切開で生まれてきました。母犬の「ももちゃん」は初めて見るわが子の存在が分かっているようで、母のオーラが・・・まさに“感動!”な時間でした。おめでとう ももちゃん! ムサシくん!(写真中央)出産後の母犬「ももちゃん」 (写真右)父犬「ムサシ」くん

通常、この小型犬種は一度の出産で3匹〜5匹の子供が生まれます。父犬(ムサシ)2歳8ヶ月・母犬(もも)2歳11ヶ月と少々若い為か今回の出産は「なな」1匹のみでした。 ちなみに理想の交配年齢は3歳〜4歳です。

5日目:お気に入りの場所はスリッパの中!?

5日目の犬の赤ちゃん1 5日目の犬の赤ちゃん2 5日目の犬の赤ちゃん3

●ミニチュアダックス ななちゃんこの日の体重:185g
手術の後は痛々しくても、すっかり元気になった母犬の「ももちゃん」。いつもの甘えん坊のママも「ななちゃん」の前では違います。ミルクの合い間に「ももちゃん」からも母乳をもらう「ななちゃん」(写真中央)。親子の心和むひとときです。この時期の犬の赤ちゃんは、まだ目も耳も閉じたままです。でも安心できる場所を探してモジョモジョ動き回る姿は確実に仔犬に近づきつつある!!という印象でした。

生まれてきた赤ちゃんは母犬の匂いがついています。母犬はその匂いで自分の子供を認識して母性に目覚めます。 まれに面倒をみない母犬には、生まれてきた赤ちゃんに胎盤をこすりつけることにより、自分の子と認識させる場合もあります。

10日目:自分でお乳の出る場所をさがす「ななちゃん」

10日目の犬の赤ちゃん1 10日目の犬の赤ちゃん2 10日目の犬の赤ちゃん3

●ミニチュアダックス ななちゃんこの日の体重:440g
正面からのお顔を見てもふっくらとして、たった数日間で驚くほど体が成長しているのにとってもビックリです。今の時期ひとりっ子の「ななちゃん」は毎日60g増えています。まだ目は閉じたままの状態ですがお母さんのお乳の出る場所をちゃんと見つけられます。今の姿は、ただただ「かわいぃ〜っ!」の一言です。
[写真中央]先生の腕の中でお母さんと一緒に「うとうと…」

子犬は毎日体重が増えます。一方、母乳を与えている母犬は体重が減ってしまうので、まめに体重測定をしましょう。兄弟の多い子犬の場合、体重の増えかたが悪い子には人工乳(ミルク)を与え母犬にも高カロリー食やミルクを与えることをお薦めします。 生後10日を過ぎ、「ななちゃん」はもうすぐ目と耳が開き、動きも活発になってきます。